早期に

病院

脳梗塞が起きてから、数分で脳細胞が弱まり死んでいきます。なので時間が経つほど後遺症も残り、危険な状態と言えるのです。発症する前に疑いがあっての早期発見にこしたことはありませんが、もし、脳梗塞発症後はすぐに救急車を呼んで最寄りの病院に行くことが重要です。

脳梗塞の治療法はさまざまです。固まった血液を溶かす方法もあれば、血液を固まりにくくしたり、再発を防止する薬を使ったりなどの治療方法があります。

季節

手術室

脳梗塞は季節に関係なく注意が必要です。血中の流れが悪くなる冬場が起こりやすいと言われていましたが、そんなことはなく逆に夏場が多いという事が厚生省研究所の方の研究であげられました。その原因は熱い日の脱水症状で、水分をこまめに取らないと血液の流れが鈍くなり血管のつまりに繋がるということです。

その予防治療としては、やはり水分をこまめにとるという事です。

若さ

聴診器

脳梗塞に若さは関係ないようです。30歳の方でも発症例があって、中高年とは発症原因が少し違うので、症状に当てはまらず、気付かないまま生活していてそのまま脳梗塞を引き起こすかもしれません。早期発見に早期の治療にこしたことはないので、行きつけの病院で定期健診を行い、いつでも気づけるような体制を整えておくことも大切です。

若い方の脳梗塞の原因のひとつとしては、脳の動脈が傷つき血管の内壁が剥がれ、それが血管を塞いでしまうことがあげられます。

脳卒中との違い

CT

脳梗塞は脳卒中の一部で、脳卒中は脳全体の血管による病気をまとめた言葉になります。脳卒中の中には、脳出血やクモ膜下出血があり、脳卒中の7割以上が脳梗塞と言われています。
脳梗塞は梗塞の大きさや梗塞が起きたきっかけ、状態によって3タイプに分かれます。

典型的な症状が出たらまず病院に行き、脳梗塞を起こさないための予防治療を聞いてみると良いです。

Powered by WordPress | Designed by: Themes Gallery | Thanks to best wordpress themes, Download Free WordPress Theme Online and All Premium Themes